【1月29日】日记


社会广告/社会広告

alt text

1.中文【1月29日】社会广告


今天早上的报纸上刊登了两页的大广告。
请看。
主题是“为了构筑新时代的医疗体制 vol.1医疗现场的支援 团结一心。”
西村大臣进行了这样的评论。
“政府为了改善医疗从业人员的待遇,给每个人最多20万日元的慰问金,将新冠肺炎相关的诊疗报酬大幅提高了3~5倍。”
这是非常值得庆幸的事。
但是,介护也是同样的状态。
医疗介护是互助。
希望不仅是医疗,在介护方面也能提供同样的现场支援。
即使医疗能够坚持下去,如果介护崩溃,医疗也会受到反作用。
医疗介护将会像多米诺骨牌一样崩溃。
上周末看的电视纪录片的题目是《医疗介护同时崩溃》
将重症的特养老人院看作是没有医疗的疗养病床。
赞助商列表里都是大企业的名字。
就好像是系列广告,下回是国交大臣致辞,由住宅相关企业赞助的老年者住宅支援吧。
医疗介护设施不能像餐饮业那样轻易停业。
疫情期间暂时停业,之后恢复服务是不现实的。
停业变成失业,留下巨大的债务而倒闭。
即使经营者破产承担责任,只要医院、老人院能留下来就好。
工作人员都离散了,恢复服务很困难吧。
就像金属人。缺了哪一个部件都不能成立。
即使医院、特养老人院倒闭,医生、护士、介护人员上门服务不就可以了吗?
可家里也成了尸骨累累的战场。
只有看护成为了医疗的工作。
湖山集团在38年的时间里,承担了老年人医疗介护的全部工作。
但是,唯独临终关怀这块还没有着手。
照此下去,老年人医疗介护设施大多会变成老年人临终关怀。
国家已经说了,希望特养老人院尽量不要把老人送去医院,而是留在养老院。
不是想送去医院就送的。
不送去医院的话,就活不下去了。
因为在设施里无法维持。
我们哭着送老人去医院。
即使在医院去世,也想参与最后的看护,想在最后的瞬间陪伴的,不只是家人。
长期介护,一起生活的介护人员也一样。
那种心情和悲伤,和家人一样。
有时甚至超过了家人。
湖山集团每年都会在全国播放电视广告。
主题是支援医疗介护从业人员。
今年减少了。
也许应该参加这样的社会广告。
但是,这个预算应该投入到现场。
因为现场就是湖山世界的全部。

2.日文【1月29日】社会広告

今朝の新聞には、見開き2ページの大広告が出稿されている。
ご覧あれ。
テーマは、「新しい時代の医療体制構築のために vol.1 医療現場の支援 心をひとつに。」
西村大臣のコメントがある。
「政府は、医療従事者の処遇改善のため、一人当たり最大20万円の慰労金を給付、コロナ関連の診療報酬を3〜5倍に大幅に引き上げました。」
大変ありがたい事だ。
でも、介護も同様の状態。
医療介護は共助。
是非とも、医療のみならず、介護にも同様の現場の支援をしてほしい。
医療が持ち堪えても、介護が崩壊したら、反動で、医療も同様になるでしょう。
医療介護ドミノ崩壊です。
先週末に観たテレビドキュメンタリーの題名は、「医療介護同時崩壊」
重度対応の特養ホームは医療のない療養病床と見る。
スポンサーには、大企業の名前が連なる。
シリーズ広告だのようだから、次回は、国交大臣の挨拶による、住宅関連事業者がスポンサーの、高齢者住宅支援だろうか。
医療介護施設は、飲食業のように、簡単に休業できない。
コロナの期間、しばらく休業して、後にサービス復活は現実的ではない。
休業は廃業となり、巨大な借金を残して倒産になる。
経営者が、破産して責任をとっても、病院、老人ホームが残るなら良い。
スタッフが離散して、サービス復活は困難だろう。
金物人。どれが欠けても成り立たない。
病院、特養ホームが倒産しても、医師、看護師、介護福祉士が在宅サービスをすれば良いと考えているのだろうか。
在宅も死屍累々の修羅場になる。
看取りだけが、医療の仕事になる。
湖山Gは、38年間をかけて、高齢者医療介護の全てを担って来た。
でも、未だ、ホスピスだけは、手がけていない。
このままだと、高齢者医療介護施設は、多くが、高齢者ホスピスになってしまう。
もう、既に国は、特養ホームは高齢者をなるべく病院に送らず、施設内で留めて欲しいと言っている。
病院に、出したくて出しているのではない。
病院に送らないと、生きていけないから。
施設では維持できないから。
私達は、泣く泣く病院に送っているのだ。
病院で亡くなるとしても、最後の見取りに関わりたいと、最期の瞬間に立ち合いと思うのは、家族だけではない。
長期間介護で、一緒に生きて来た、介護スタッフも同じだ。
その気持ち、悲しさは、家族と一緒だ。
時には家族以上だ。
湖山Gは、毎年テレビCMを全国放送している。
医療介護従事者の支援がテーマ。
今年は自粛した。
でも、もしかしたら、このような社会広告に参加するべきなのかもしれない。
でも、その予算は、現場に投入すべきだ。
現場が、湖山の世界の全てだから。

3.解説【1月29日】社会広告

  • 代表は新聞で政府が医療現場を支援する広告を見て、介護にも同じく支援が必要だと訴えています。
  • コロナ時代では、介護でも支援がなければ、医療と同様崩壊しやすいというわけです。
  • 医療と介護は運命共同体であり、介護に対する関心を呼びかける代表の気持ちがよく理解できました。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
5

扫描下方二维码手机阅读文章