【1月25日】日记


网络会议的世界/ネット会議の世界

alt text

1.中文【1月25日】网络会议的世界


关于新冠病毒感染设施的支援体制,湖山集团的全体干部在网上召开了会议。
来自全国法人的60名干部参加了会议。
东日本大地震时,没有zoom。
如果当时有这个的话,就方便多了。
虽然画面上很小,但从脸色上看,大家的意识都很高昂。
在银座集合的话,不会有这么多人参加。
更重要的是,我感受到了所有人的热情。即使是通过电视画面。
正因为是来自远方的参加才更感激。
在单人办公桌后发言,更有力量。
因为不会受到周围参与者的影响。
不用顾忌周围的人。
不用察言观色。
意识和发言的情绪容易高涨。
比起电话会议,参加者能更快得出结论。
比起面对面,也许更容易说出真心话。
我也觉得这样发言比较容易。
也许平时在会议上总是给大家施压。
正在考虑在家工作的劳务管理。
在家工作的时候,也可以一直保持zoom会议状态,随时都可以进行对话。
但是,可能会感觉一直被摄像机监视着。
即便如此,如果一直不能上班的话,也有忍耐的办法。
但是,和学习一样,能自我管理的人很少。
每周一,所有公司都会开会。
所以来访的人很少。
平时在家里工作,只有开会才去公司,但我认为正是因为有会议所以才应该在网上进行呢?
或许只有在来客较少的周一召开的周初会议,才适合在线。
这样的话,周六周日周一就有三连休。
任何一家公司,如果周一没有网上会议,就没有人来营业。
如果总理说星期一是在家工作的日子,可能大家都会变成那样。
当然,官厅也会那般。
与其关闭店铺,不如改革国民的生活。
如果认为这会导致国民的行为习惯变化,会怎么样呢?
对,今天星期一我也要在银座开一天会。
谁能帮我想办法呢?
我想提议“星期一是在家办公在线会议日”。
作为工作方式改革日,不用把它作为节日。

2.日文【1月25日】ネット会議の世界

コロナ感染施設の支援体制について、湖山Gの全幹部がネットで会議を行った。
全国の法人からで、60名位の幹部が参加した。
東日本大地震の時は、zoomはなかった。
これがあったならば、便利だったのに。
画面上の小さくても、顔色で、全員が意識が上がっているのがよくわかる。
銀座に集合では、こうは集まらない。
それよりも、全員の熱気を感じた。テレビ画面であっても。
遠く遠方からの参加だからこそ感激。
一人机から、発言する方が、力が入る。
周りの参加者の影響を受けないからだ。
周りに遠慮しないからだ。
空気を読まずに済むからだ。
意識と発言のテンションが上がりやすい。
電話会議より、はるかに早く参加者の結論が出る。
面と向かって相手がいるより、本音を言いやすいのかも知れない。
私にも、発言しやすいのではないかと感じた。
普段、会議で威圧しているのかも知れない。
在宅勤務の労務管理を考えている。
在宅勤務中、ずっとzoom会議状態で、お互いに何時でも会話ができるようにするのもある。
でも、ずっとカメラで監視されているように感じるかもしれない。
それでも、出勤しなくて住むならば、我慢のしようもある。
でも、勉強と同じで、自己管理できる人は少ない。
毎週月曜日は、どこの会社も会議。
だから、来社は少ないのだが。
普段在宅勤務で、会議だけ出社するのが普通だが、会議こそ、オンラインで済むのでは。
来客、訪問の少ない月曜日の週初めの会議こそ、オンラインに相応しいのかもしれない。
そうすれば、土日月曜の三連休となる。
どの会社も、月曜日は、オンライン会議でいないとなれば、誰も営業に来ない。
総理が、月曜日は在宅勤務の日と言えば、一斉にそうなるかもしれない。
勿論、官庁もそうなる。
お店を閉めさせるより、国民の生活改革。
国民の行動変異を起こさせると考えたらどうだろうか。
そう、私も、今日の月曜日は銀座で1日会議だ。
誰がなんとかしてくれないか。
「月曜日は、在宅勤務オンライン会議の日」を提案したい。
働き方改革の日として、祝日にする必要はありません。

3.解説【1月25日】ネット会議の世界

  • 代表は、毎週月曜日をzoomによる「在宅勤務オンライン会議の日」にしようと提案しています。
  • オンライン会議は、集まる会議のように気遣いする人が近くにいないので、意見が言いやすいという利点があります。
  • また、定期的に月曜日に集中して行えば、会議で本来の仕事ができないということが避けられ、効率化にもプラスになると思います。
  • さらに、コロナを感染するリスクも少なくなるはずです。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章