【1月24日】日记


电视纪录片《介护崩溃》/テレビドキュメンタリー「介護崩壊」

alt text

1.中文【1月24日】电视纪录片《介护崩溃》


昨晚,在电视上看了纪录片《介护崩溃》。
重播节目,追踪了去年4月第2波疫情来临时发生群体感染的札幌老健。
现在已经过去一年了,我觉得社会的应对状态并没有改变。
1号感染者是老健隔壁养护老人院的入住者。
那个感染者在接受老健的日常护理服务。
接受日常护理的老健入住者和职员被感染。
短时间内蔓延成设施内的群体感染
即使联络行政部门,老健也因为有医生设施长在,被指示在设施内处理。
即使要求住院也一直拖着,老人迟迟不能住院。
那时,行政部门没有全体负责人,信息也没有集中汇总。
第二波疫情最严重时,行政混乱,札幌市已经连住院病床都不够了。
老健的设施长医生年事已高,害怕自己感染,几乎不出诊,只下达住院指示。
但是,住院的地方还是定不下来。
老健的护士几乎都被感染。
应援也因为疫情而无法征集。
典型的疫情导致介护设施崩溃。
旁白的结论是,在设施中,如果出现高烧、味觉异常等症状,不要依赖行政,应迅速由设施自身来应对。
这一教训至今仍未改变。
接收新冠肺炎的医疗体制、行政的应对能力在1年后的今天也没有多大变化。
由于感染者的增加,无法入院情况比以前更加严重了。
首都圈情势逼人。
今年的冬天,接下来的2、3月份的首都圈都很可怕。
想起了东日本大地震时的湖山集团全国支援体制。
受灾现场,用邮件向集团所有设施发出支援请求。
需要的人数、物资、具体情况,邮件频繁延迟。
全国的支援设施,根据自己的判断,立马开始力所能及的事情。行动起来。
所有的书面决议都是事后的。
有多少钱就花多少。
不需要我的许可。
经常向整个集团汇报情况。
接受支援的情况,每天用照片刊登在网站主页上,谁都可以确认。
这样的话,报告书就不需要了。
全国的湖山集团设施,看到照片,自己考虑接下来的支援,自己实行。
不需要任何人的指示和批准。
首先要保护自己的生命。让自己生存下去。
即使疫苗成功,这种情况也会至少持续2年。
每天的战斗都在继续。
我每天都看网站主页。
然后,每天发送这篇日记。
只要我还和大家在同一个战场上。

2.日文【1月24日】テレビドキュメンタリー「介護崩壊」

昨夜、テレビでドキュメンタリー「介護崩壊」を観た。
昨年4月、コロナ第2波の頃に、クラスターと起こした札幌の老健を追った番組の再放送。
1年経とうとする今も、社会の対応状態は変わらないと思った。
第1号感染者は老健の隣の養護ホームの入所者。
その感染者が、老健のデイケアを利用。
デイケア利用の老健の入所者と、職員が感染。
あっという間に施設内クラスター
行政に連絡するも、老健は医師施設長がいるので、施設内で対処するように指示される。
入院を要請するも、老人は後回しで、なかなか入院できない。
その時、行政には全体の責任者がおらず、情報も一元化されていなかった。
第2波の最中で、行政も混乱、既に札幌市には、入院ベットも足らなかった。
老健の施設長医師は、高齢で、自らの感染を恐れ、殆ど診察を行わず、入院指示ばかり。
でも、入院先は決まらない。
老健の看護師の殆どが感染。
応援も、コロナと言うことで、集まらない。
典型的なコロナによる介護施設崩壊。
ナレーターの結論は、施設で、高熱味覚異常などの症状が出たら、行政に頼らず、迅速に施設自身で対応すべし。
その教訓は、今も変わらない。
コロナ受け入れの医療体制、行政の対応能力は1年経つ今もたいして変わらないのではないか。
感染者の増加で、相対的には、より、入院できない状況になっている。
首都圏では、ひしひしと感じている。
今年の冬、これからの2月3月の首都圏が恐ろしい。
東日本大震災の湖山G全国支援体制の事を思い出す。
被災現場は、グループ全施設にメールで応援要請をだせ。
必要な人数、物資、状況を具体的に、メールで頻繁に遅れ。
全国の支援施設は、自らの判断で出来る事を即行え。行動せよ。
あらゆる、稟議決済は事後。
もてるだけのお金を使え。
私の承認はいらない。
常にグループ全体に情報を共有せよ。
支援を受けた状況は、日々ホームページに写真で掲載し、誰もが確認できるょうにせよ。
そうすれば、報告書はいらない。
全国の湖山Gは、それを見て、次の支援を自ら考え、自ら実行する。
誰の指示も、承認もいらない。
まずは、自らの命を守れ。自らが生き残れ。
ワクチンが成功しても、この状況は最低2年は持続する。
日々の戦いは続く。
私は、毎日ホームページを観ている。
そして、毎日この日記を送る。
私が皆さんと同じ戦場にいる限り。

3.解説【1月24日】テレビドキュメンタリー「介護崩壊」

  • 代表は、以前札幌の老健で実際に起こったクラスター事件を例に引き介護の崩壊について話しています。
  • それから一年あまり経過しているのに、日本の医療体制と行政応対はほとんど進歩していないと指摘しています。
  • 東日本大震災の際の湖山G全国支援体制に倣って、今の医療介護の有効な支援体制を採っていこうと提唱しています。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章