【1月31日】日记


我的球技,玻璃球/私の球技、ビー玉

alt text

1.中文【1月31日】我的球技,玻璃球


小学生泰成。
家附近有一家母子支援设施。
四周包围着石墙,铁门。看起来像是要塞一样的城堡。
没有进去过。
我害怕进去之后就出不来了。
但是,从那里跑出来的孩子们很健康,很活泼。
连环画剧(洋片)和陀螺的时代已经是很久以前了。
那个时候,在小巷里,拍洋画,弹玻璃球。
小巷里有公用的水井,晾晒的衣服随风飘扬。
在那条土路上,男孩相扑,女孩跳皮筋。
而我们的赌徒泰成君,玩弹珠。
玻璃球对孩子来说,就像货币一样。
用来扔球的大玻璃球,就像水晶球一样,奢华而美丽。
珍藏起来就好。
泰成君做什么都很弱。
拍洋画不可能敌得过年纪大、力气大的家伙。
母子宿舍的孩子总是很强。无论做什么,赌博也是。
也就是说,泰成君是整个小区的冤家。
每到周末,就会被人勒索零花钱,哭着去找母亲闹。
巧的是,母子宿舍的对面有一家粗点心店,卖玻璃球和洋画。
一分不剩的泰成君捏着从母亲那哭闹得来的100块硬币,跑到粗点心店。
那个时代的粗点心店是孩子们的宝盒。
用玻璃球装满口袋后,又跑回战场。
口袋里的弹药很快就会耗光。
但是,那个时代的孩子就是这样学会了弱肉强食的社会的残酷。
对有能力的人来说,自由主义经济比资本主义更有利。
我之所以不执着于金钱,多亏了当时学到的人生观。
完全不赌博,也是因为知道自己的技术和赌运。
父亲在打高尔夫或打麻将时,很喜欢握牌,实际上很厉害。
这是理所当然的。在胜利之前,不让对方回去。
韧性和执着与泰成君无关。
但是,对于不赌博的泰成,父亲总是对我说。
没有比建设医院设施更大的赌注了。
没有比事业更危险的赌注了。
本是生活在一个无灾无难、朴素的世界里,但现在父母的说教起了作用。
母亲也认为,没有比企业家更能让家人哭泣的放浪者了。
之所以对那些去弹子房(赌博游戏厅)的大人宽容,是因为还记得当时肾上腺素飙升的兴奋。
这么说来,冬天也有在被炉上用手指弹的弹珠机。
在设施里让它复活怎么样?
是不是也能成为康复训练呢?
OT请考虑一下。
规则由我来指导。

2.日文【1月31日】私の球技、ビー玉

小学生の泰成君。
家の近くに、母子支援施設があった。
石垣で囲まれ、鉄の門。要塞のような城に見えた。
入った事はない。
入ったら、出てこれないのではないかと、怖れた。
でも、そこから走り出てくる子供達は、元気で、活発。
紙芝居とベーゴマの時代は遠い昔。
その頃は、裏路上で、メンコ、ビー玉。
裏路上には、共同の井戸、物干しに洗濯物がはためく。
その、土の路上では、男の子は相撲、女の子はゴム跳び。
そして、我らがギャンブラー泰成君は、ビー玉。
ビー玉は、子供にとって、通貨と同じ。
投げ玉に使う大きなビー玉は、水晶球のように、華美で、美しい。
とって置けば良かった。
泰成君は、何をやっても弱かった。
メンコは年長の力のある奴に敵うわけがない。
母子寮の子は兎に角強かった。何をやっても、賭け事は。
つまり、泰成君は町内会のカモだった。
毎週末の土日には、小遣いを巻き上げられて、泣いて、母におねだりに行くのである。
良くした事に、母子寮の反対には、駄菓子屋があり、ビー玉、メンコを売っている。
オケラの泰成君は、母からくすねるように貰った100年玉を握って、駄菓子屋に走る。
あの時代の駄菓子屋は、子供の宝箱である。
ビー玉でポケット一杯にすると、また、走って、戦場に戻るのである。
すぐに、ポケットの弾薬は空になるのだが。
でも、こうやって、あの時代の子供は、弱肉強食の社会の厳しさを学んだのである。
能力のある者にとっては、自由主義経済は、資本主義に勝る事も学んだ。
私が、お金に執着しないのは、その頃に学んだ人生観のおかげ。
賭け事も一切しないのも、己の技量と、勝負運を知っているからである。
父は、ゴルフや麻雀で握るのが好きで、実際強かった。
当たり前である。勝つまで、相手を帰さないのだ。
粘り強さと、執着力は泰成君には無縁である。
でも、賭け事をしない泰成君に、父は何時も私に言った。
病院施設を作るくらい大きな賭けはない。
事業くらい危険な賭けはない。
無難な、地味な世界で生きて来たはずだが、今になると親の説教が効いてくる。
事業家位、家族を泣かせる放蕩者はいないと、母も思っていた。
パチンコ屋に通う大人に寛容なのは、その頃のアドレナリンの興奮を覚えているからである。
そう言えば、冬は、炬燵の上で、指で弾く、ビー玉パチンコもあった。
施設で、復活させたらどうか。
リハビリにもなるのではないか。
OTは検討してください。
ルールは、私が指導してあげます。

3.解説【1月31日】私の球技、ビー玉

  • 代表は子供頃のビー玉やメンコなどのゲームに夢中だったと往時を回顧しています。
  • ビー玉のギャンブルに弱い小学生は賭け事は嫌いになったが、今は大きな事業の賭けに携わっています。
  • 確かに、事業ほど危険な賭け事はないと言っても過言ではないでしょう。
  • 代表は他の賭け事はやらず、事業という賭け事一筋で来たからこそ好成績を得たのではありませんか?

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
5

扫描下方二维码手机阅读文章