【5月7日】日記


书面请示的丢手绢/稟議のハンカチ落とし

alt text

1.中文【5月7日】书面请示的丢手绢


连休期间,一整天无论睡觉还是醒来,都会检查邮件。
日报、事故报告、请示书、结算单,整天都在看这些资料。
如果有疑问,可以直接给那个设施打电话,去询问设施长、事务长。
不管是假期,还是年初年底,医疗福祉这个行业只要活着,就没有假期。
从担任急诊医院常任理事事务长时起,就这样任命。
不好的事通常会发生在周末或假期。
并不是所有的事件都集中在假期发生,而是一年中无论星期几,都只是单纯会发生而已。
看了这个连休的请示书后,感受到的是管理人员书面请示的串通。
起案包括主任、设施长、部长、法人职员、银座事务所等,文件逐渐以邮件的形式汇集到银座。
因为我最闲,所以最早开始熟读。
总觉得奇怪。
真正抓住问题、呻吟、思考、烦恼、决断、觉悟责任、执行。
我认为,请示书是战士冒着生命危险,孤注一掷执行的决心书。
我想,是拼了命的遗嘱。
有了这种觉悟,代表就要承担全部责任进行裁决。
但是,最近有一些文件让人怀疑是不是把问题责任一股脑儿地推卸掉了,单纯为了自己不承担责任。
而所谓的真正的负责人不在。
把执行责任下移或上移,脱手快,不让问题和责任留在自己手里。
让别人去说。让别人来执行。
不知道谁是真正的执行负责人。
和最近日本的世态一模一样。
当我还是个孩子的时候,有一种叫丢手帕的游戏。
如果手帕掉在自己身后,赶紧把手帕丢到别人身后。
也就是说,踢皮球。推卸责任。
将责任通通丢掉。
不了解现场,不知道现场的辛苦,了不起的事务管理者把文件在网上转了一遍就结束了。
在此期间,设施后院起火。
职员哭着不干了。
这样无心的干部职员,只把保护自己的防火墙建成铜墙铁壁。
如果湖山日记能成为打开有心职员心灵之门的钥匙,那就太好了。
我的心门没有钥匙。
○─○─○─○─○─○─○─○─○
今早,脉搏血氧计98
洗澡了。

2.日文【5月7日】稟議のハンカチ落とし

連休中は、1日中寝ても覚めても、メールチェック。
日報、事故報告書、稟議書、決済書を1日中読んでいる。
疑問があると、その施設に直接電話をして、施設長、事務長に聞いてみる。
連休であろうが、年始年末であろうが、医療福祉は生きている限り、休みはない。
救急病院の常任理事事務長の時から、そう任じている。
不祥事は、週末、休暇中に起きる。
別に事件が休みに集中しているわけではなく、一年中、曜日に関係なく、起きているだけなのだが。
この連休の稟議書読み込みで感じたのは、管理職の稟議のたらい回し。
起案は主任、そして施設長、部長、法人役員、銀座事務所などと、次第に書類がメールで銀座に集まってくる。
私が1番暇なので、1番早くから熟読する。
どうもおかしい。
本当に問題を掴み、呻吟し、考え、悩み、決断し、責任を覚悟し、実行をする。
稟議書とは、命をかけて、単独実行する戦士の決意書だと思う。
私は、命をかけた遺言だと思っている。
その覚悟をよしとして、全責任を被って代表は決裁をするのだ。
でも、最近は、問題責任をたらい回しにして、己が責任を被らずにしているのではないかと邪推せざる負えない書類がある。
本当の責任者が不在なのだ。
実行責任を下か上に回して、自分の手に問題と責任が残らないように手離れが早い。
他人に言わせる。他人に実行してもらう。
誰が、本当の実行責任者なのか、不明。
最近の日本の世相そっくり。
子供の時、ハンカチ落としと言う遊びがあった。
自分の後ろにハンカチが落とされていたら、急いで、他の人の後ろに運んで落とす。
つまり、タライ回し。責任の押し付け。
責任のババ抜き。
現場を知らない、現場の苦労を知らない、偉い事務管理者が書類をネットで回して終わり。
その間に、施設は炎上。
職員は泣いてやめていく。
そう言う心ない幹部職員の、自分だけを守る防火壁は鉄壁。
湖山日記が、心ある職員の、心の扉を開ける鍵になってくれれば嬉しい。
私の心の扉に鍵はない。
今朝のパルスオキシメータ 98
風呂に入ってました。

3.解説【5月7日】稟議のハンカチ落とし

  • 代表は、連休期間中に日報、事故報告書、稟議書、決済書を1日中読んでいました。
  • 稟議書が問題責任をたらい回しにする道具になることを知り、本当はショックでした。
  • 決意書である稟議書が心ない幹部職員の自己保身の道具として使うのは許せません。
  • もし心ある職員がこの湖山日記から、自分の心を守る力を貰えるならいいなと考えます。


alt text

用户7825 用户7825
5 个月前
5

扫描下方二维码手机阅读文章