【5月6日】日記


泰成的运动会/泰成君の運動会

alt text

1.中文【5月6日】泰成的运动会


泰成所在的小学是一年级五个班。
每班55名学生。全校1500名学生。
现在无法想象的巨型小学。
一年级的学生第一次经历运动会。主要是全员参加的赛跑。
在天堂和地狱的音乐中,孩子一个接一个的起跑。
泰成是大块头,所以是最后起跑的队伍。
全力疾驰。
为了争夺第一名,撞到了旁边,摔了一大跤。
翻滚着,滚进了观众的家庭席。
在摔倒的泰成的眼里,赛跑队已经远远跑向了前方。
不过,泰成不会放弃。
就在那一瞬间,跳起来,回到赛场,再次冲刺。
用比之前更拼命的样子,忘我的全力疾走。
全员都已经到终点了。
从领先到最后。
一个人即使是最后一名也拼命奔跑。
在终点,负责运动会的女老师张开双手,等待着泰成一人。
在赛道中间,微笑着。
泰成痛哭流涕地冲进了终点,老师将泰成抱到怀里,抚摸着泰成的头,说泰成很努力了。
老师也哭了。
在怒涛般的声援声中,泰成失去了知觉。
大摔一跤的垫底反而比任何一名领先的跑者都要耀眼。
当天排在第一位的垫底,无论走到哪里都受到了称赞。
在校长的总结致辞中,他也称赞了摔倒、垫底的1年级学生一个人坚持到最后这件事,那位全力奔跑的1年级学生。
其中垫底的一年级学生,无疑是泰成本人。
因为在最开始的一年级就发生了这件事,所以之后不论是在老师那里,还是在PTA那里,泰成都很受欢迎。
我被宠坏了。
运动一点也不行,实际上是个红外线过敏的小学生,整天呆在图书馆里。
不过,人生是不可思议的。
六年级最后一次运动会,泰成成为了全校红白队中的红队大将,幸运的是,红队获胜。
而且,在全校学生和父母的注视下,他承担了接领冠军奖杯的角色。
这是我人生中唯一的一次大赛奖杯。
颁奖典礼是运动会的关键环节,听说母亲看着颁奖典礼中站在晴朗舞台上的儿子,只是泪流满面。
这不禁让人觉得这是不是母亲人生中唯一儿子看起来可爱、自豪的一天。
从那以后,泰成就再也没有全力奔跑过。
我再也不想跌倒了。
即使不是一等奖,即使是倒数第一,看的人都看着。
本人的人生已经足够辉煌。
尽自己的力量,满足的话,就不会和别人竞争。
一生的人生观,是在小学的运动会上培养出来的。
在老师的鼓励和父母的关爱下,孩子将成长并学习。
今年读小学59年级的泰成知道了这一点。
○─○─○─○─○─○─○─○─○
今早,脉搏血氧计97・97・97
运动会后,可能有点兴奋。
1年3組13番 湖山泰成

2.日文【5月6日】泰成君の運動会

泰成君の小学校は1年5クラス。
1クラス55名。全校生1500人。
今では考えられないマンモス小学校。
1年生、最初の運動会。メインは全員参加の徒競走。
天国と地獄の音楽の中、子供は次から次へとスタートダッシュ。
泰成君は大柄だったので、最後のスタートチーム。
全力疾走。
トップを争うあまり、隣にぶつかり、大転倒。
転がりまわり、観客の家族席に転がり込んだ。
転倒した泰成君の眼には、もう、競走チームは遥か先を走り抜けている。
でも、泰成君は諦めない。
その瞬間、跳ね起きて、競技場に戻り、再ダッシュ。
それまでよりも、必死な形相で、夢中で全力疾走。
もう、全員ゴールしている。
先頭からビリ。
一人、ビリでも必死に走った。
ゴールには、担当の女性の先生が、両手を拡げて、泰成君一人を待ち受けていた。
コースの真ん中で、笑顔で。
泣き崩れて、ゴールインする泰成君をよく頑張ったとばかりに、抱きしめて、頭を撫でてくれた。
先生も泣き崩れながら。
すごい怒涛のような声援の中で、泰成君は意識を失った。
大転倒のビリは、どの一等走者よりも、輝いていた。
当日、1番目だったビリ選手は、どこに行っても誉められた。
校長の総括挨拶でも、転んで、ビリでも一人最後まで、全力疾走した1年生を誉めていた。
そのビリの1年生は、間違いなく泰成君である。
その1年生のスタートのおかげで、どの先生からも、PTAからも、泰成君は受けが良かった。
可愛がられた。
運動はからっきしダメで、実は赤外線アレルギーで、図書館にこもり切りの小学生だった。
でも、人生は不思議。
6年生の最後の運動会では、全校紅白チームの内、紅チームの大将となり、運よく、紅チームが勝った。
そして、全校生と親の見守る中、大きな優勝トロフィーを受け取る役を担った。
人生ただ一度の大会トロフィー受賞。
運動会のメインイベントで晴れの舞台に立った息子を見て、母は、只々涙だったそうである。
人生唯一息子を可愛く、誇らしく見えた1日だったのではないだろうか。
泰成君は、その後人生一度も全力疾走する事はなかった。
もう、転倒はこりごり。
1等でなくとも、ビリであっても、見る人は見ている。
本人の人生は充分輝く。
自分の力を出し切って、満足すれば、人と競う事はない。
一生の人生観は、小学校の運動会で培われる。
励ます先生と親の愛情で、子供は育ち学ぶ。
今年小学校59年生の泰成君は知っている。
本日新規職員PCR検査陽性0
運動会の後で少し興奮しているかもしれません。
1年3組13番 湖山泰成

3.解説【5月6日】泰成君の運動会

  • 代表は、小学校の頃の運動会に関する経験により、人生観の形成につい述べています。
  • 励ます先生と親の愛情で、子供は育ち学び、人生を深く影響する人生観が培われます。
  • 代表は転びましたが、諦めなく最後まで頑張りましたので、周りの人に誉められました。
  • 湖山の先輩も後輩をきちんとサポートしてあげたら、この人の仕事の人生観が培われます。


alt text

用户7825 用户7825
5 个月前
17

扫描下方二维码手机阅读文章