【5月12日】日記


不同往常的清晨/いつもと違う朝

alt text

1.中文【5月12日】不同往常的清晨


湖山的经营伦理在于,
对职员是否公平公正,
是否过于偏袒不好的部下,
是否过于训斥傲慢的部下,
是否给部下超越其能力以上的职责,
是否压抑有上升意向的部下晋升。
父亲,湖山G圣道理事长,曾在富士市湖山康复医院住了6年院。
为了建立能让父母入住的医院,一直在与工作人员一起努力,终于实现了这一目标。
虽然是普通的单间,但最里面的房间,对面的房间也是开着的。
是为了让我过夜。
我去的时候,单纯只是为了配合开工仪式和竣工仪式,然后顺便去医院看看。
去到医院,因为好久不见,就在病房里闲聊,汇报湖山的现状,父亲总是笑着说我,
不用说了呀,
我听着呢。
你在努力啊。
别再勉强了。
把工作多交给部下去做,你也好好休息一下。
好了,泰成很忙吧,别管我了,回去吧。
被这么说着,然后被赶出病房是常有的事。
应该不到15分钟吧?
但是,看到父亲总是精神头儿很好的样子,对湖山医院的工作人员表示感谢,不禁感慨湖山G真好啊。
父亲也好,我也好,都是湖山的一员,真是幸福啊,我总是这么感激着。
那个房间现在好像还开着,事务长说这个房间随时等着代表归来,我很安心,不过,还是再过一段时间吧。
我的日程表是向群组开放的,听说父亲总是从医院事务长那里得到湖山的动向和我的日程表信息,所以他已经都知道了。
医院事务长和护士部长都是谈话的对象,父亲通过和他们聊天,完全掌握了一切,并且为了湖山的成长而感到高兴。
但是,好像担心我不合理的工作状态,出差,以及成长。
父亲每天骑着康复自行车在全馆转来转去。
他还担心负责他的康复工作的工作人员的健康状况。
担当者结婚的时候,高兴的像自己的孩子结婚了一样。
把湖山医院的工作人员当成自己的孩子一样,咿呀学语的孩子当成自己的孙子一样疼爱。
但是父亲总是对医生的工作态度很生气。
虽然我说,和以前的东大和虎之门医院不一样。
但是父亲的信念是坚定不移的,他认为医生是全天候24小时365天的医生。
不过,很遗憾,这种信念在当今时代行不通。
我认为填补这种差距是我的工作。
父亲对工作很和蔼,对私生活很严格。
也就是说,要踏实地活下去。生活下去。
这些话,在泡沫经济的时候我都不明白。
不过,现在明白过来,爸爸妈妈说得对啊。
没什么错啊。
母亲去世十年了。父亲去世八年了。
现在,我需要做什么呢?
我是否像我父亲支持我那样支持你们了?
是的,这是一个令人烦恼的总计划会议。
父亲从不责怪我没有孩子。
会说还好我没有孩子。
这样的话大家都可以接手了。
当我们两个在一起的时候,我父亲总是这么说。
总是让我买点心给乳臭未干的孩子。
比起傲慢不听话的泰成,小孩子要可爱得多。
虽然不是不明白这种感受。
但是父亲再多疼爱一些泰成多好啊。
和往常一样的早晨。
但是今年,体制、高管人事都会发生变化。
我想录用父亲想要的人材。
正如父亲所说,希望湖山年轻明亮。
我想给其一条路。
没有志向没有伦理的人就让其走人。
是这样的一年。
因为是我的工作。
但是,很难受。
如果我父亲还活着,他会给我什么建议?
收到了很多关于这篇日记的问卷调查。
当然,是鼓励的邮件。
有些来自很熟悉的人,而有些人是第一次,很感激。
都是在现场辛苦工作的人。
和预想的一样,对现场没有同感的人是不会有回复的。
这种人就让其离开。
没资格留在湖山。
从下周开始,我要依次给那些没有答复,也没有回复我信的人打电话,问问他们。
你没事,但你的部下没事吧?
我一直担心这件事。
我父亲不担心我。
他只担心你们被我牵着鼻子走。
今天,感觉我的情绪有所上升,我很担心。
我不是在骂你们。
我只是在苦恼难以回答父亲。
现在也是。
今早,脉搏血氧计95・97・96
深呼吸就升高。
一叶扁舟上的泰成。

2.日文【5月12日】いつもと違う朝

父湖山G聖道理事長は、富士市の湖山リハビリテーション病院に6年間入院していた。
親を入院させられる病院を作ろうとスタッフと頑張っていて実現した。
普通の個室だが、1番奥の部屋で、向かいの部屋も開けてあった。
私が泊まるためだ。
私が、行くのは、起工式や竣工式に合わせて、病院に立ち寄るくらいだった。
行くと、久しぶりなので、病室でよもやま話や、湖山の現況報告をするのだが、父は、いつも笑って言う。
もういいよ。
聞いているよ。
頑張っているね。
これ以上無理しないように。
もう、部下に任せて少しお前も休みなさい。
さあ、泰成は忙しいだろうから、もう良いから帰りなさい。
そう言われれて病室を追い出されるのが常だった。
15分もいなかったのではないだろうか。
でも、いつも明るく元気な父を見て、湖山病院のスタッフに感謝し、湖山Gはいいなあ。
父も、私も、湖山の一員で幸せだななあ、と何時も感謝していた。
その部屋は今でも開けてあるそうで、いつでも代表をお待ちしていますと、事務長に言われていて、安心しているのだが、もう少し、先かななあ。
私のスケジュールはグループにオープンで病院事務長から、常に湖山の動きや私のスケジュールは報告を受けたいたので、全てを知っていた。
病院事務長や、看護部長が、話し相手で、その人から、聞くと、父は全てを把握していて、湖山の成長を喜んでいてくれた。
でも、私の無理な仕事ぶりや、出張や、成長を心配していたようだ。
父は、リハビリ自転車で、毎日全館を回っていた。
リハビリの担当スタッフの健康状態も心配していた。
結婚した時には、我が子のように喜んでいた。
湖山病院のスタッフが我が子のように、ぽっぽの幼児が孫のように可愛がっていた。
何時も、医者の働きぶりには怒っていた。
昔の東大や虎ノ門病院とは違います。
と、私は話をしたのだが、医師は24時間365日医者だと言う、父の信念は揺るぎもなかった。
でも、今の時代には通用しない。残念だが。
そのギャップを埋めるのが私の仕事と思っていたのだが。
父は仕事には優しく、私生活には厳しかった。
つまり、堅実に生きよ。生活しよ。
と、言う話で、バブルの時にはわからなかった。
でも、今は、父や母の言う通りだったななあ。
間違っていなかったななと思う。
母が亡くなって10年。父が亡くなって8年。
今、私は何をして要るのだろうか。
父が私を支えてくれたように、君達を支えているのだろうか。
そう、悩むグロスプランミーティングだった。
父は、子供のいない私を責めることはなかった。
いなくて良かったんだよ。
皆が継いでくれるよ。
父は二人の時に何時も言っていた。
何時も、ぽっぽの子供にあげるお菓子を買って来いと言われた。
生意気で言うことを聞かない泰成より、よっぽど可愛かったに違いない。
その気持ちはわからないでもないが。
もう少し泰成を可愛がってくれてもよかったのに。
何時もと同じ朝。
でも今年は、体制、役員人事が変わる。
父が望む人材を登用したい。
父が言うように、湖山は若く明るくしたい。
その者に道を開けたい。
志のない倫理のない人間は去れ
そう言う一年になる。
私の仕事だから。
でも、辛いね。
父が生きていたら、どうアドバイスをしてくれだろうか。
この日記のアンケートが多数送られてきた。
勿論、励ましのメールだが。
よく知っている人もいるが、初めての人もいて、感激した。
現場で苦労している人ばかりだ。
予想通り、現場に共感のない人からは返事がない。
そういう人は去れ。
湖山にいる資格はない。
来週から、返答のない、私の手紙に答えない人に、順番に電話して、聞いてみようと思う。
君は大丈夫でも、君の部下は大丈夫か。
その事を何時も心配している。
父は、私の事など心配していなかった。
私に振り回される、君達の事を心配していた。
今日も、私のテンションは上がりそうで心配している。
私は君たちを叱っているのではない。
父にどう答えるか苦しんでいるのだ。
今も。
今朝のパルスオキシメータ 95・97・96 深呼吸すると上がります。
笹舟の湖山泰成

3.解説【5月12日】いつもと違う朝

  • 医師は24時間365日医者だと言う信念は今の時代には通用しないかもしれませんが、医者としての覚悟は通用します。
  • この医者としての覚悟、医療施設としての経営倫理を守るには、体制及び役員人事が変わるグロスプランミーティングを実施します。
  • 今後は志のない倫理のない人間は去れ、湖山がより若く明るくなるための道を開けていく必要があります。


alt text

用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章